口臭体臭

臭いの原因とは?

例えば臭いと言っても、体臭であったり口臭、特定の脇や陰部など場所によっても発する臭いや原因は大きく違います。体臭や口臭に関してコンプレックスをもっている方はかなり多いのです。自身の体臭が気になって、コミュニケーションが十分に取れないという方も非常に多くなっています。主に臭いには菌が増殖し、増殖する際に発生するガスが主な原因になる事が知られています。では口臭や体臭に関して少し詳しく述べていきたいと思います。

口臭の原因と予防策とは

口臭の原因もたくさんあります。例えばネギやにんにく等の食物から発する臭いが口臭として出ている場合や、ストレスや睡眠不足などの環境要因でも口臭の原因になっています。また、コーヒーやタバコによる口臭などがあります。しかし、主な原因となっているのは、口腔内の不衛生な状態にしたことによる細菌の増殖が全ての要因にあてはまるのです。口腔内に歯垢を放置しておくと、口腔内の細菌が分解してガスを放出します。このガスが主な口臭の原因になっています。細菌が繁殖しやすい環境というのは、口腔内が乾燥して、唾液の少ない状態であったり、タバコを頻回に吸う、睡眠不足・水分摂取の不足でも乾燥につながります。唾液自体に殺菌作用があるために、口腔内を乾燥させることによって、細菌が増殖しやすくなってしまうのです。細菌が増えますと歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病、虫歯になります。そうしますと、炎症が起きた歯肉は歯との隙間を増やし,歯垢や歯石が残りやすくなり、細菌が増殖しやすい環境を作ってしまっているのです。当然虫歯は歯磨きをしてもくぼみに入り込んだ歯垢を取り除くことができにくくなり、細菌を増やす温床となってしまいます。口腔内で増殖した細菌は舌の上でも増殖し、この舌苔という白い部分でも臭いが生じるようになり、口臭の原因になっています。この舌苔自体は生理的な反応で、舌の粘膜を保護したり、乾燥を防ぐもので、悪いものではないのです。そこで細菌が増殖することで臭いを出しやすくなっているのです。他にも口腔内の歯周病などが原因となる物以外に、消化器官などの内科分野の病気でも口臭や体臭の原因となっている場合もあります。例えば、慢性的な鼻炎や蓄膿症などにかかりますと、鼻で細菌が増殖し、口臭として現れたりします。胃潰瘍や胃炎による消化不良によって胃液が過度に分泌されたりしますと、口臭の原因となってあらわれたりします。どうしても加齢による、唾液の分泌不足や汗の分泌不良によって、口臭や体臭の原因になることがあります。そういった場合には、より水分を小まめにとって、唾液や汗を促進したり、定期的にシャワーを浴びる、歯磨きをするなどの対策を増やす必要があるかと思います。

 

体臭をケア、対策を立てるならこちらから!

体臭を体内や肌状態を整えることから始めるならこちらから!

 

口臭を自分でケアする商品はこちら!